MAIGOの旅行記

一人旅が大好き / 旅の気づきの記録をブログに / 今はASEAN10カ国を旅するのが目標 / 近所(関西)もよく旅に行く / 博物館185館訪問 /I like traveling. MAIGO means my nickname. Osaka, Japan

宮崎旅行の所感(新幹線のない街の考察)〔#236〕

f:id:maigo2018:20200114111159j:plain

今回は、ピーチ航空で往復10,550円のチケットが取れたので、宮崎旅行へ。目的は自衛隊新田原基地航空祭に行くことだった。



 

宮崎県に行ったのは初めて。これで西日本は全県踏破。日本国内で行ってないのは、岩手、秋田の2県だけになった。

 

その中で感じた宮崎の所感は次の通り。

 

(1)人と人の距離感

ここは人と人の距離が近い感じがする。みんなニコニコして話している。孤独感が耐えられない人には良い土地柄かもしれない。

高鍋駅近くの喫茶店で食事していたら、1時間弱の間に年末のお土産とか言ってカレンダーとかを渡している人が3人もいた。そんなに店主と緊密に仲良しという感じでもなさそうだったが、みんな当たり前のようだった。

都市部の会社はコンプライアンスとか言ってカレンダーとか持ってくる営業は減ってきているけど、ここではまだまだ、お土産文化が残っているようだ。

ただ、人と人の距離感が近すぎて、実際に住み着いたら鬱陶しさもあるかもしれない。

 

 

(2)公共交通機関の運賃が高すぎ

青島で行った温泉は施設も風呂も充実していて550円だった。食事も安くて美味しい。

でも、公共交通機関の運賃ははすごく高かった。基地への行きのバスは約30分乗車で530円。高鍋駅から宮崎駅までは29分で570円。29分といっても単線の通過待ちもあって実際の走っていたのは20分強。距離当たりの単価は東名阪の2倍ぐらいの感じ。やっぱり車社会だからだろうか。普通列車は1時間に1本しかなかったけど、結構、利用している人が多かった。

 

宿の近くの青島神社にいった。めちゃくちゃ気持ちのいい場所だった。まさにパワースポットという感じで、心が洗われる気がした。波の音が独特なので、とても心が落ち着いた。



(3)新幹線のない街

新幹線のない街は独自の経済圏を保っている感じがした。

宮崎市は40万人という人口規模の割には、駅前にかなり大きなビルがあり、繁華街も賑わっている様子だった。一方で駅の逆側は、低層の建物だけで、典型的な地方都市の雰囲気だった。

 

ここの街は上手く中心部にビジネス街と繁華街をコンパクトに集めて賑わいを作っていた。空港も電車で10分で行ける。長期的な視点で上手く街づくりが出来ているように感じた。

 

中間駅の都市で新幹線や高速バスが便利になると企業は支店や営業所を撤退して出張で済ませてしまう。そのため駅前にはビジネスホテルばかりが並んでいる都市をたくさん見かける。

 

大都市間の中間駅になるところは新幹線がない方がいいかもしれない。
そういう意味で長崎新幹線佐賀県が猛反発しているのもうなずける気がした。


(4)方言

いろんな街に行っても、若い人(30歳以下)の人は標準語に近い言葉を使っていることが多いけど、宮崎は若い人も方言を使っていたように感じた。宮崎は民放が2チャンネルしか映らないらしい。

「日本一ひどい」と言われる宮崎県のテレビ事情。民放は2局だけ、対策は? – 地方移住・起業を促進するMACHI LOG


あくまで個人的な仮説だけど、テレビを見る時間が他県より少ないので、方言使っている率が高い気がする。

 

チャンネルが多い関西人が、なぜ方言使い続けるのかというと多分、全国で唯一、テレビで方言使っている番組が多いからだと思う。

 

テレビは言葉に大きな影響を与えているかもしれない。
ただ、これからはみんなテレビじゃなくYouTube等の動画をスマホで観るようになるから、地方のチャンネル数格差もなくなり、関西人も関西弁を使わなくなっていくでしょう。

 

(5)街づくり

いろんな街に行って感じることは、自治体ごとでも政治って大切だなぁとつくづく思う。

 

炭鉱とか製鉄みたいに一つの産業に依存しすぎて、その産業の衰退とともに街も活気をなくしたり、長期的な視点がなく、無秩序に街が広がっているところも多い。

 

宮崎市は、自分達の立ち位置をよく把握して、上手く街が作られている。宮崎県の人口が減って行く中で宮崎市の人口は増えている。多分、これまでの市長さん達が優秀だったのでしょう。

 

(6)やっぱりANAはすごい

帰りのピーチ航空は、搭乗して出発に前にドアが故障して閉まらない状況になった。1時間ぐらい機内で待たされて欠航になった。

 

LCCなので保障はなく、飛行機を出たところで紙が1枚配られ、運賃の返金と180日以内に使えるピーチポイントが5000円分付与すると書かれていただけだった。仕方なくネットで宮崎のホテルを予約してもう1泊した。

 

ANAのマイレージサービスに電話して、すごく親切に対応してもらい、持っていたマイルを使って帰ることができた。ピーチから返金される運賃は5,000円強で、ホテルの宿泊代にも満たない。ANAとかの普通運賃で帰ったら2万円以上かかっただろう。ANAのマイルが残っていてよかった。

 

やっぱりLCCは順調に行った時は安くていいけど、トラブルがあった時にはANAが素晴らしい対応がしてもらえる。遊びの時はLCCでいいだろうけど、仕事の移動ではANAかJALを使った方がいいと強く感じた。(終わり)

 

訪問日 2019年12月