MAIGOの旅行記

旅が大好きです。旅で、学んだこと、気づきの記録をブログで書いています。電車、博物館の記録が多めです。

下町風俗資料館に行って江戸・東京の歴史を学んだ〔#198〕

皆さん、こんにちは!旅が大好きなMAIGO @maigo_travel です!

 

仕事で東京出張の際に、少し早起きして上野公園の下町風俗資料館東京国立博物館に行ってきました。

 

今回は台東区立下町風俗資料館の記事です。

 

この資料館は古き良き下町の文化を永く後世に伝えるために作られたそうです。
博物館の中でも、こういう庶民の生活を紹介したところが特に好きです。


東京に向かう新幹線の中からは富士山がキレイに見えました。

f:id:maigo2018:20190716155832j:plain


外観

f:id:maigo2018:20190716155943j:plain

 

不忍池の横にあります。

f:id:maigo2018:20190716155835j:plain


入口

f:id:maigo2018:20190716155838j:plain

 

1階は大正時代の江戸の風情をとどめる下町の街並みを再現していました。


自動電話ボックス
東京ってこの時代から英語表記もあったのですね!

f:id:maigo2018:20190716155841j:plain

 

人力車

f:id:maigo2018:20190716155844j:plain

 

下町の暮らしと住まいの解説

f:id:maigo2018:20190716155846j:plain

f:id:maigo2018:20190716155849j:plain


江戸は武家地が60%で町人は20%だけだったそうです。
「よそもの、よそごとを素直に受け入れていた」ことが説明してあります。
都市が発展していくには、「よそもの、よそごと」を受け入れられるかどうかが大きく関係しているように感じます。


商店の様子

f:id:maigo2018:20190716155851j:plain

f:id:maigo2018:20190716155854j:plain

f:id:maigo2018:20190716155856j:plain

f:id:maigo2018:20190716155859j:plain

f:id:maigo2018:20190716155902j:plain


戦前まで江戸の風情がのこっていたようです。

f:id:maigo2018:20190716155905j:plain

f:id:maigo2018:20190716155908j:plain

f:id:maigo2018:20190716155910j:plain

f:id:maigo2018:20190716155913j:plain

 

2階は関東大震災以降の下町の紹介が中心でした。

以前は上野にも大仏があったのですね。

f:id:maigo2018:20190716155915j:plain

f:id:maigo2018:20190716155917j:plain

f:id:maigo2018:20190716155920j:plain

f:id:maigo2018:20190716155922j:plain

f:id:maigo2018:20190716155925j:plain

f:id:maigo2018:20190716155928j:plain

f:id:maigo2018:20190716155931j:plain

f:id:maigo2018:20190716155936j:plain

f:id:maigo2018:20190716155940j:plain

 

全体的には、とても面白い資料館でした。

 

★今日の学び★
*下町は「よそもの、よそごとを素直に受け入れていた」
*東京の街並みは関東大震災、戦災、東京オリンピックを経てどんどん変わっていった

次は東京国立博物館に行きます。

www.maigotravel.com

 


訪問日 2019年4月
施設名 下町風俗資料館
入場料 300円

 

 

twitter https://twitter.com/maigo_travel
facebook https://www.facebook.com/249713625635283/
instagram https://www.instagram.com/maigo_travel/
youtube https://www.youtube.com/channel/UCzDNEwHIsZMmLn5yiWEla2Q/videos