MAIGOの旅行記

旅が大好きです。旅で、学んだこと、気づきの記録をブログで書いています。電車、博物館の記録が多めです。

鍾乳洞の中にカフェがある「ガンガラーの谷」に行ってきた〔#185〕

沖縄本島の南部にある「ガンガラーの谷」に行ってきました。
鍾乳洞の中にカフェがあったり、巨大なガジュマルの木は迫力がありました。


ということで皆さん、こんにちは!旅が大好きなMAIGO @maigo_travel です!


ガンガラーの谷は、数十万年前までは鍾乳洞だった場所が崩れてできた、豊かな自然が残る亜熱帯の森です。

見学はツアーのみの形で、料金はちょっと高めの2,200円です。
ツアーは事前の予約が必要なので、海軍壕公園から電話をして予約をしました。

 

海軍壕公園からは車で30分弱で到着しました。

f:id:maigo2018:20190424112625j:plain


訪問したのは1月下旬だったのに気温は22℃ありました。

f:id:maigo2018:20190424112628j:plain


少し暑さを感じるぐらいです。前日にゆいレールに乗った時にも地元の人で半袖の服を着ている人がいました。

 

入口のところは、鍾乳洞の中にカフェがありました。

f:id:maigo2018:20190424112631j:plain

写真では伝わりにくいですが、かなり凄いです。

カフェの横にツアーの受付がありました。
2,200円を支払います。

 

ツアーは始まるまで、カフェで待ちます。上から雫が落ちてきます。
鍾乳洞の中は少し冷んやりとしています。

 

ツアーは20人ぐらいです。
最初に10分強でガンガラーの谷の概要説明があります。
ガイドの人は話し方が貴乃花みたいでした。

 

最初のポイント

f:id:maigo2018:20190424112637j:plain


40年前に鍾乳石を一部カットしたそうです。
その後、40年で1センチ伸びたらしいです。
鍾乳洞ができあがるまで気の遠くなるような時間が経過しているのを実感します。


こんな感じの森の中を進みます。

f:id:maigo2018:20190424112640j:plain

f:id:maigo2018:20190424112643j:plain


これは台湾から持ち込んだ世界最大の竹。

f:id:maigo2018:20190424112646j:plain


川が流れています。
もともとこの森は観光施設だったのですが、上流の養豚場とかの排水で川が汚れて閉鎖して、2008年に再オープンしたそうです。

f:id:maigo2018:20190424112648j:plain


鍾乳洞の中は照明がなくランプをもって進みます。

f:id:maigo2018:20190424112701j:plain

f:id:maigo2018:20190424112705j:plain


枝から根っこが出ているガジュマルの木
写真ではわかりにくかもしれませんが、かなり迫力があります。

f:id:maigo2018:20190424112708j:plain

 

ここで解散

f:id:maigo2018:20190424112712j:plain


ここの見学はガイドをつけることで2200円にしています。
だから個人で歩くと30分ぐらいで観れるところを90分もかかります。

 

みどころはたくさんありましたが、他の人の写真撮るのを待たされるし、いまいちな感じでした。途中からみんな景色よりスマホを見だしていました。せっかくの迫力ある鍾乳洞やガジュマルの木がけど残念な感じでした。

 

みんな自分のペースでスマホで写真を撮りたい人が多くなってきたので全員がガイドが案内するスタイルは、もう時代にあっていないのかもしれません。

 

★今日の学び★
沖縄の自然の森はすごい迫力があった。
沖縄では冬でも気温が20℃を超える。


次は沖縄平和祈念資料館に向かいます。

www.maigotravel.com

 


訪問日 2019年1月
施設名 ガンガラーの谷
    〒901-1400 沖縄県南城市玉城前川202    

Google マップ
料金  2,200円

 

twitter https://twitter.com/maigo_travel
facebook https://www.facebook.com/249713625635283/
instagram https://www.instagram.com/maigo_travel/
youtube https://www.youtube.com/channel/UCzDNEwHIsZMmLn5yiWEla2Q/videos