MAIGOの旅行記

旅が大好きです。旅で、学んだこと、気づきの記録をブログで書いています。電車、博物館の記録が多めです。

豪華絢爛という言葉がぴったりの「安土城天主 信長の館」に行ってきた〔#88〕

皆さん、こんにちは!旅が大好きなMAIGOです!

 

安土城は1579年に完成したのに、1582年に本能寺の変があって信長が亡くなってから火事で焼失し、1585年に廃城になりました。完成から廃城まで、たった6年。

 

そして焼失から400余年も経た1992年「スペイン・セビリア万博」の日本館のメイン館展示として安土城天主の最上部5階6階の部分が、原寸大にて忠実に内部の障壁画と共に復元されました。博覧会期間中には最も多い入場者数を記録したそうです。

 

万博終了後その「天主」を安土町が譲り受け解体移築し、この施設を作ったそうです。


施設の全景

f:id:maigo2018:20181211105503j:plain


入口

f:id:maigo2018:20181211105505j:plain

 

安土城のデザイン意図

f:id:maigo2018:20181211105510j:plain


正確な設計図は残っていないそうです。断片的に残っているいろいろな資料を組みあわせて、ある程度想像で作ったそうです。

 

そこまで資料を完全に破棄してしまったのは、次に天下を取った人たちの政治的な思惑があったのでしょう。


建築の際の城石を運ぶジオラマ
人力でこんな巨大な石を運んでいたのは大変だったでしょう。

f:id:maigo2018:20181211105513j:plain


天主の模型

f:id:maigo2018:20181211105516j:plain


当時の食事の再現

f:id:maigo2018:20181211105519j:plain


天主内部の壁画の紹介

f:id:maigo2018:20181211105523j:plain


織田信長肖像画
ちょっとカッコよくしすぎのような気が・・・

f:id:maigo2018:20181211105526j:plain

 

内部

f:id:maigo2018:20181211105531j:plain


階段であがると一番上の階が見れるようになっていました。

f:id:maigo2018:20181211105535j:plain


VRバーチャルリアリティ安土城シアターがありました。
「絢爛・安土城」というショートムービーが上映されていました。
なかなか面白かったです。

f:id:maigo2018:20181211105538j:plain


係員の人が撮影スポットと角度を教えてくれました。

f:id:maigo2018:20181211105541j:plain

f:id:maigo2018:20181211105544j:plain

 

お土産物も売っていました。

f:id:maigo2018:20181211105548j:plain


なぜ、セビリア万博の展示に、数ある日本のお城の中で6年しか現存しなかった安土城が選ばれたのか不思議でしたが、見学をして少し意味が分かったような気がしました。こんな金ピカのお城は他にはありません。

 

もし、織田信長本能寺の変で亡くなっていなかったら、日本は、今とは全く違った国になっていたような気がしました。そういう意味では歴史は、たった一人の人間の存在で大きく変わってしまうことがあるのでしょう。


【おまけ】
隣でフリーマーケットみたいなのをやっていました。
参加者はみんな楽しそうでした。滋賀って住みやすい場所なのかもしれません。

f:id:maigo2018:20181211105551j:plain


近くには豪華な建物が並んでいました。

f:id:maigo2018:20181211105556j:plain

f:id:maigo2018:20181211105559j:plain

 

さあ、次は近江商人博物館に行きます。

www.maigotravel.com

訪問日 2018年10月
施設名 安土城天主 信長の館
    〒521-1321 滋賀県近江八幡市安土町桑実寺800
    https://goo.gl/maps/1hVKnhdVzPr
料金  600円(安土城考古博物館とのセット券 900円)

 

twitter https://twitter.com/maigo_travel
facebook https://www.facebook.com/249713625635283/
instagram https://www.instagram.com/maigo_travel/