MAIGOの旅行記

旅が大好きです。旅で、学んだこと、気づきの記録をブログで書いています。電車、博物館の記録が多めです。

明治初期の人たちの意気込みが感じられる旧柳原学校校舎に行ってきた〔#87〕

皆さん、こんにちは!旅が大好きなMAIGOです!

 

滋賀県安土城考古博物館から信長の館へ向かう途中に旧柳原学校校舎があったので行ってみました。

f:id:maigo2018:20181207104054j:plain

旧柳原学校校舎は、1876年に滋賀県の大田村に建てられた滋賀県で現存する最も古い学校建築です。1970年に、今の場所(滋賀県安土城考古博物館の横)に移築されました。

 

明治の文明開化の時期に、地元の人たちがお金を持ち寄って建てたそうです。
新しい国づくりには教育が一番大事だという当時の人たちの意気込みを感じます。

 

建物は無人です。建物内の照明もセルフで点灯する形式でした。

f:id:maigo2018:20181207104058j:plain

 

こんな感じで説明と展示があります。

f:id:maigo2018:20181207104102j:plain


この説明の文章がとても分かりやすかったです。

新しい時代への期待を込めて洋風の建築にしたそうです。

f:id:maigo2018:20181207104013j:plain

 

f:id:maigo2018:20181207104010j:plain

 

ここが教室だったそうです。

f:id:maigo2018:20181207104016j:plain

 

当時は椅子でさえ目新しいものだったのですね。

f:id:maigo2018:20181207104021j:plain

 

教科書など。漢字だらけで小学生にはとても難しそうです。

f:id:maigo2018:20181207104025j:plain

 

こういう畳の部屋もありました。

f:id:maigo2018:20181207104028j:plain

 

全国各地の洋風建築学校の写真

f:id:maigo2018:20181207104031j:plain

 

当時は60%の人は、学校に通っていなかったそうです。

f:id:maigo2018:20181207104038j:plain

 

この教科書は大人でも難しそう・・・

f:id:maigo2018:20181207104045j:plain

f:id:maigo2018:20181207104042j:plain

 


博物館とか資料館は、展示全体を考えるプロデューサーのような人の心意気というか気持ちの入っているところは、見ていても楽しいです。一方で、やっつけ仕事で展示物を作っているところはつまらないです。


ここは展示の流れも、説明の文章もよく考えられていて、とても分かりやすいところでした。きっとこの建物に思い入れの強い人がプロデュースしたのでしょう。

 

次は「安土城天主 信長の館」に行きます。

www.maigotravel.com

 

 


訪問日 2018年10月
住所  〒521-1321 滋賀県近江八幡市安土町桑実寺800
    https://goo.gl/maps/HopYeyWiXbu
料金  無料

 

 

twitter https://twitter.com/maigo_travel
facebook https://www.facebook.com/249713625635283/
instagram https://www.instagram.com/maigo_travel/